「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ジャグリング( 31 )
ボールジャグリングシミュレータ(仮)
サイトスワップを自動生成して実演してくれる素晴らしいツール『JuggleMaster』というものがありましたよね。
それの3D版のようなツール『ボールジャグリングシミュレータ(仮)』というものを見つけました。
昔ナランハで販売していたパソコンソフト『True Mess』(現在は販売されていません)のイメージに近いでしょうか。
かなり細かい設定が可能で、ボールの軌道の表示、ダイアグラムの表示、逆回しのパターンを生成&実行、シンクロをアシンクロにアシンクロをシンクロに変換など非常に便利で多彩な機能を備えているようです。
そして3Dというだけあってピルエットやボディースローにパッシングまで実演してくれちゃいます!
これはホントに活用できそうですね^^
[PR]
by haepon | 2007-12-07 20:09 | ジャグリング
4~6ボール・マルティプレックス・トリック 3ボール・トリック
4-6 Balls Multiplex Tricks
4~6ボールのマルチのルーティンです。
タイトルアニメーションはFlashで作ってみました。
この動画は新作ではなく、以前からスマキンに置いてあった動画をYouTube用に再編集したものです。

3 Ball Tricks
3ボールのピルエットやミルズ・メス、ロボット等の応用技をやっています。
こちらのタイトルアニメーションもFlashで作りました。
実はこのアニメは、以前Flashアニメとして公開する予定で制作していたんだけど、制作途中で飽きてしまい、お蔵入りした幻のアニメです^^;
もちろんジャグ動画用に一部修正もされています。
そしてこちらの動画も新作ではなく、以前からスマキンに置いてあった動画をYouTube用に再編集したものです。

これでスマキンに置いてあったジャグ動画のほとんどがYouTubeで公開されたことになりました^^
やはり、一本一本尺の短い動画を公開するよりも、同じ内容のもので一まとめにした方が断然いいですね。
[PR]
by haepon | 2007-11-24 19:00 | ジャグリング
初心者向けのリングとは?
ボクが初めて買ったリングはファットリングでした。
厚みがありキャッチの際の痛みを緩和してくれることや、バウンス・ジャグリングが可能だったり、また重さがあるため風による影響をあまり受けずにすむなど長所が多く初心者向けだと思ったので、このリングに決めたのでした。
しかし最近スタンダードリングを買ってみて実際には、こっちの方が初心者向きだと感じたのでした。
なぜかというとキャッチ時の痛みは手袋でもつければ軽減できるものだし。
それにリングは指に挟んで持つものなので、厚みがあるとナンバーズがやりにくくなります。
バウンスに使えるといってもバウンスボールほど跳ね上がるわけでもなく、またそれほどやる機会もないので、できなくても別によかったのです。
また、室内練習がほとんどなので重さは軽くても全く問題なかったのでした。
正直言ってリングに限らずトス・ジャグリングに重い道具は不向きだと個人的に思っています。
ちなみに普通の手袋では滑りやすいので、ボクは滑り止め付きの軍手を使うようにしています。
リングやクラブなど硬い道具で初めて5個以上を投げる時、大抵の人に恐怖心が生まれるものだと思います。
それは、もちろん当たると凄く痛いし、怪我をするからです。
だからまずは、この恐怖心を克服しなければならないでしょう。
ボクは、スタンダードリングに変えて軍手をつけるようになり、それから5リングを投げてみたら嘘のように恐怖心はなくなり、初めてフラッシュが成功したのでした(^v^)
ボクは今まで生粋のボール・ジャグラーでしたが、これからはリングが第2のメイン道具になりそうです^^
[PR]
by haepon | 2007-11-19 13:11 | ジャグリング
リング・ジャグリング
最近、リングの練習を本格的に開始しました。
今まであまり練習してなかったので、3リング・カスケードや4リング・ファウンテン程度の基本技しか習得しておらんかったのでしたが。
しかし、ボクはボールを相当やり込んでおったので、同じトス・ジャグリングのリングの色々な技は、案外少しの練習でも習得できたのでした。
リングはその形状からしてボールではできない表現がたくさん可能でおもしろいのです。
また、三大トス・ジャグリングの中では比較的人口の少ない種目なので、オリジナル技の開発の余地がまだ十分に残っているものと思われるので、これはやりがいがあるなと思ったのでした。
実際、いくつかのオリジナル技が完成したので、そのうちまた動画にするかもしれません^^
[PR]
by haepon | 2007-11-15 10:42 | ジャグリング
怠惰 THE LAZINESS
怠惰 THE LAZINESS
「ドロップしてもそんなの関係ねぇ!」をモットーとし、やる気のなさを前面に押し出してみました。
「えぇッ!? 5ボールってあれだけ~??」と、思われる方もいるかもしれませんが本当にあれだけで終わりなんですよ^^;
5ボールのレパートリーが少なすぎるせいでもありますが…^^;;
[PR]
by haepon | 2007-11-05 15:55 | ジャグリング
3ボール・ボディースロー
3 Ball Body Throw
3ボールのボディースロー系のあらゆるパターンをやってみました。
タイトルアニメーションはFlashで作ってみました。
こうやって動画にしてまとめてみるとアンダー・ザ・レッグ系のパターンが多いですね。
アンダー・ザ・レッグは、ちょっと考えただけでもかなりの数があると思います。
この動画に収めたボディースロー系の技は、現在自分が習得している技のたぶん全てだと思います。
なので、またレパートリーが増え次第、続編を撮るかもしれませんね^^
まだまだいっぱい覚えたいボディースロー系の技があるんでね。
[PR]
by haepon | 2007-10-21 20:59 | ジャグリング
大変ピルエットでボディースローな話
ジャグリングの練習にはやはり天井の高い場所が欠かせず、それには公園等近場で広い所でやるのが手っ取り早い。
でも平日は、家に帰ってからでは時間も遅く外も暗くて練習できないので土日ぐらいしかできない。
しかも外なので外練できるかどうかは天気や風にも左右されがちです。
そして、なんといっても練習時間があまりにも少ない。
そこで最近は、平日の出勤前に公園で朝練するようになりいつもより1時間ほど早起きするようになって、それに伴い早寝の習慣が身についた。
ジャグリングによって規則正しい生活ができるようになり、さらに適度な運動にもなって一石二鳥だお(´・ヮ・`)

外では主にピルエットの練習をしているので、今まで苦手だったピルエットも大分自信がついてきた感じです。
やっぱきちんとスポッティングをした方が格段に成功率が上がり、また回転後にバランスを崩すこともかなり減ったようです。
スポッティングをするかしないかで随分差が出て、スポッティングはやはり大事だと思った。
また最近は、部屋の中で3ボール・3アップ・ピルエットが成功し、低い軌道で投げてもそれなりにできるようになりました。

今まで真面目に練習してこなかった6ボールと7ボールの練習も最近になって本格的に開始しましたよ(`・ω・´)
んで、意外と部屋の中でも7ボールは投げられることがわかったw
別に家の天井は特別高いわけでもなく手を伸ばせばすぐ届く高さだ。
今の今まで7ボールって言ったらとても手が届かないようなレベルかと思っていたが、いざ練習を始めるとそういう考え方も変わってきて「普通に誰でもできるんぢゃね?」ってレベルに感じられてきたのでした。

最近とある動画でアルバートをボールで連続で行っているのを見て衝撃を受けました。
なぜかっていうとアルバートって言えばクラブ専用技とばかり思っていたからだ。
今までボールのアルバートを単発でやってる動画なら見たことあったけど、連続は初めて見たからね。
自分もボールで単発ならできるけど、クラブ専用技という先入観にとらわれていて今の今までさすがにボールで連続は不可能なんぢゃねーだろうかと思っていたのでした(´・ω・`)
でも、この動画を機にボールの連続アルバートの練習もやり始め、いつかマスターできそうな気配がしたのでした。

3ボールのボディースロー系の技のレパートリーも結構増えました。
定番のバック・クロスやオーバー・ザ・ショルダー・カスケード、リバース・オーバー・ザ・ショルダー・カスケード、アンダー・ザ・レッグ(左右連続)あたりを覚えた。
マニアックなところでは右手と左手で別々のボディースロー系の技を行うビハインド・ザ・バック&リバース・ビハインド・ザ・バックやオーバー・ザ・ショルダー&リバース・オーバー・ザ・ショルダーも覚えました。
あと故ショーン・マッキーニ氏が得意としていた脇の下を通すバック・クロス(サイド・カスケードを左右連続で行う)も覚えました。
ボディースロー系はとても難しい技ですが、その分大変見栄えのする技なので、これからもどんどんレパートリーを増やしていきたい技ですね(o'ω'o)
[PR]
by haepon | 2007-09-24 17:05 | ジャグリング
4ボール・シャワー・トランジッション
YouTubeにジャグリング動画をまたアップしてみました。
正確にいうと新作ではなく、以前からスマキンに置いてあった動画をYouTube用に再編集したものです。

4 Ball Shower Transition
4ボール・ファウンテンからシャワーへの移行パターンです。
アシンクロ・ファウンテン とシンクロ・ファウンテンの両方でやってみました。

[ アシンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン1 ]
1番オーソドックス?ボールの衝突に注意。
[ アシンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン2 ]
アシンクロ・パターン1よりは、衝突のおそれが少ないはず。
[ アシンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン3 ]
カスケードを3投挟んでシャワーに移行する感じ。
[ アシンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン4 ]
ピルエットを挟めれば、もっと見栄えがするんだけどな。

[ シンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン1 ]
シンクロの移行の方が楽。
[ シンクロ・ファウンテンからシャワーへの移行パターン2 ]
シンクロ・パターン1の応用。

今回は新規に撮影したわけでもなく、あまり手間がかからなかったのと全体の長さも短かったので、文字を入れてみたりした。
[PR]
by haepon | 2007-09-08 11:10 | ジャグリング
YouTubeデビュー!
YouTubeにジャグリング動画を初アップしてみました。

3 ball variations and the triplex of 3-7 balls
3ボールの色々なマニアックな技と3~7ボールのトリプレックスの技です。
4~6ボールのトリプレックスは1トス挟まないと連続でできないと思う。
でも7ボールはトリプレックスだけを連続で投げ続けられるので、とてもダイナミックに見えます。
まるで噴水みたいな。
7ボールのトリプレックスはカスケード式に投げることもできるけど、これだと衝突しやすいのでどうも続かない。
だから動画ではリバース式に投げてみました。

Variation of Robot and One-up Two-up
ロボットと1アップ2アップの思いつく限りのバリエーションをやってみました。
ボクはこういう既存技のバリエーションを考えるのが好きみたい。
こういうのってマニアックなジャグラーなら喜ぶんじゃないかと。
逆に非ジャグラーが見たらどれも一緒に見えるんだろうな^^;;


明らかにボールを落としてる場面がありますが、それはあえて編集せずに残しておきました^^^^
だって成功してるところばかりだと何か嘘くさいし^^;
何でもありの自由なジャグリングなんだから落とすこともジャグリングの一部なんだということで。

で、アップしてみて気づいたこと。
元の動画とYouTubeにアップされた動画で画質が劣化されたり音ズレが発生したりすることはよく聞くけど、動画が終了するタイミングが1秒ほど早くなってるのはアップしてから気づいたお^^;;
動画の編集をするときは、最後を少し長めにとっておいたほうがよさそうだ。
[PR]
by haepon | 2007-08-19 16:23 | ジャグリング
久々にジャグリングネタをば^^
先日ボリショイサーカスを見てきた。
サーカス自体は何度か見に行ったことがあるけど、サーカスでジャグリングを見たのは今回が初めてだったのでした。
一輪車に乗りながらサッカーボール程の大きさのボールでジャグってました。
サッカーボール程の大きさのボールでジャグるだけなら動画で見慣れてたんで特に何も感じなかったのだけど、さすがに一輪車で走り回りながらだと相当な難易度になるに違いない。
この状態で5ボールまでは軽々やってのけていた印象で、物凄い安定感を維持してましたな^^;
マジ凄かったわ^^;
最後には7ボールを投げてクオリファイしたあと後ろにいた人に網を使って全部回収してもらってた。
そのままクオリファイ以上投げ続けてくれることを期待していた分ちょっと残念だった(ぉ
最後のボール回収は、ほぼ回収係の人任せだったのも何かね^^;(何
やっぱりあのサイズのボールを全部手で回収するのは無理なんだろうかね^^;
投げる前に5つのボールを手に持って、残り2つのボールは何か怪しげな道具を腰に巻いてそこにボールをセットしてた。
つまり手に持っている5ボールを投げたあと腰にセットした残りの2ボールを投げるって感じでした。
この怪しげな道具のリング版なら見たことあったけどボール用もあるのね。


家の天井は決して高くはないのだけど、最近4ボールのボックス((2x,8)(2x,4)*)や744等高さを必要とするいくつかの技は家の中で座りながら低く投げることで実現可能なことがわかった。
というか以前にも、こういう低く投げるやり方を動画で見て試してみたけどそう簡単にはできなかったりした。
それが最近急にできるようになったわけで^^
低く投げるメリットとしては、バランスを崩したときの立て直しの許容範囲が広がるといったことや、当然スピードが上がるので見た目のインパクトが強くなる等が挙げられるだろう。

部屋の中でピルエットの練習をしてたら右足の人差し指の皮が剥けて、おまけに絨毯に血がついてた^^;;;
外で靴履いて練習してても靴底がスリ減るしでピルエットっつーのは何かと足への負担が大きい技だと思うのでした^^;
[PR]
by haepon | 2007-07-28 16:44 | ジャグリング